川崎市・横浜市の放課後等デイサービス・障害福祉サービス事業の開業支援

障害福祉サービス事業の開業と運営でお困りの方へ

 指定申請書類を作るのが大変だ・・・

 創業融資は大丈夫かな・・・?

 法令に従って適正に運営できるか不安・・・

障害福祉サービスでの法務と会計・税務のお困りごと、国家資格者に相談してみませんか?

【登戸駅徒歩4分】障害福祉事業サポート 川崎・横浜

放課後等デイサービス
就労継続支援B型
 
就労移行支援
計画相談支援
グループホーム
行動援護
事業計画
創業融資
 
運営サポート
障害福祉サービス事業の開業や運営でお困りの方、一度相談してみませんか?
初回相談は無料です。
まずは電話又はメールでご連絡ください。
044-712-0945
受付時間:平日9時~18時

障害福祉サービス事業の開業と運営を国家資格者がサポートします!

 

障害福祉サービス事業は、社会的意義・ニーズが高く、今後も成長が見込まれる魅力的な事業分野ですが、指定申請の複雑さ、法改正への対応、特殊な会計処理など、その開業と運営には独特の難しさがあります。

「障害福祉事業サポート 川崎・横浜」では、行政書士・税理士が障害福祉サービス事業の開業と運営の支援を行っています。許認可、さらには会計・税務の専門家として、開業時の指定申請、法人設立、創業融資を包括的にサポートできるほか、ご希望に応じて開業後の事業運営もお手伝いできます。

障害福祉サービスに取り組む事業者の皆様を、「障害福祉事業サポート 川崎・横浜」は行政書士・税理士としての立場から徹底サポートいたします。

サポートの主な内容

 

 指定申請

beatriz-perez-moya-XN4T2PVUUgk-unsplash

指定申請には複数回にわたる行政との折衝や各種法令の確認、何種類もの書類作成が必要です。これらは行政書士にお任せいただき、開業前の時間を有意義に使いましょう。

 創業融資

calculator-385506_1920

自己資金が不足する場合は創業融資を受けることも検討しましょう。現実的な資金計画と金融機関が知りたい内容を盛り込んだ事業計画の作成をお手伝いします。

 運営支援

office-1273985_1920

障害福祉事業の運営は複雑です。気軽に相談できる外部の専門家がいれば、事業主様は心強いものです。開業後の運営についても、必要なサポートをご利用いただけます。

ご挨拶

「障害福祉事業サポート 川崎・横浜」のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当事務所は元々、主に相続遺言を扱う行政書士税理士事務所としてスタートしました。
どういうわけか、相続や遺言のご相談で弊所を訪れる方の多くが、本人や家族が何らかの障害を抱えていらっしゃいました。
そのようなご家庭特有のお悩みに接する中で、相続遺言という枠組みを超えて障害者支援の分野でも、専門家として何かできることはないだろうかと考えるようになりました。

あれこれ考えた末、出した答えの一つが障害福祉事業の開業と運営のサポートです。

障害のある人の居場所や就労先、住まいを提供する事業者様の開業と運営を行政書士・税理士の立場からサポートすることで、障害があっても安心して暮らしていける社会の形成に少しでも寄与できればと願っています。

当事務所が事業者の皆様と共に歩むパートナーとなれれば幸いです。

事務所案内

 

事務所名得田真由行政書士事務所
得田真由税理士事務所
所在地〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸3292 
メゾンドピアル 305
(小田急線・JR南武線登戸駅徒歩4分)
代表者得田 真由(とくだ まゆ)
連絡先TEL:044-712-0945
電話受付 平日 9:00-18:00
設立平成27年11月(税理士事務所)
平成30年8月(行政書士事務所)
業務内容相続手続
相続税・贈与税申告
相続対策
遺言書
所得税確定申告
障害福祉サービス事業の開業・運営サポート
資格行政書士(登録番号第18091793号、神奈川県行政書士会川崎北支部所属)
税理士(登録番号第131345号、東京地方税理士会川崎西支部所属)

障害福祉サービス事業の開業でお困りの方、一度相談してみませんか?
初回相談は無料です。
まずは電話又はメールでご連絡ください。
044-712-0945
受付時間:平日9時~18時

ご相談から開業までの流れ

 
① メール又は電話でご相談申込み

② 弊所又はオンラインにてご相談(事業の概要、指定要件の確認、資金の確保など)とお見積
③ 契約と着手金のお振込み
④ 法人設立・事業目的の確認
⑤ 指定準備(人員、設備、運営基準等)
⑥ 創業融資の申し込み(必要に応じて)
⑦ 指定権者との事前相談・事前協議、申請書類の作成
⑧ 申請書類の提出と残金のお支払
⑨ 指定通知
⑩ 事業開始

初回のご相談について

  • お客様は、事業計画について教えてください
  • 弊所は、人員・設備要件等の指定基準、開業までの準備の流れについて、ご説明します

事業計画とご依頼事項がすでに固まっている場合には、見積りをお作りします。

見積りの内容に十分ご納得いただきましたら、ご依頼いただけますと幸いです。

なお、弊所への依頼をご検討中のかたの初回相談と見積りは無料でお受けしております。ご検討の結果、依頼に至らなくても料金は請求しません。

相談のみのかた及び二回目以降のご相談は有料(30分毎に5,000円)となります。

障害福祉サービスでお悩みの事業者様はぜひお気軽にご連絡ください。

指定が無事に下りた。
専門家に相談して、遠回りせずにすんだ。
さぁ、これからが本番だ。
がんばっていこう!

よくある質問

 
初回の相談は無料ですか?
弊所へのご依頼を検討中のお客様向けに、初回のご相談を無料で承っております。
相談のみの方及び2回目以降のご相談については、有料相談(30分5,000円)を頂戴いたします。
障害福祉サービス事業に関することならどんなことでも無料相談を利⽤できるの?
無料相談は障害福祉事業の開業をご予定の方や運営上の問題を抱えている方を対象に、事業計画やお困りごとを伺った上で、弊所ができるサービスと料金をご提案し、ご確認いただくためのものとなっております。
それ以外の相談や質問は、有料相談をご利用いただくか、又は県庁や市役所等の担当課へお問い合わせください。
無料相談の時間はどれくらいですか?
初回の相談時間は1時間を目安にお考えください。
初回相談の時間帯は?
ご相談は原則として平日及び土曜日午後2時~5時の間でお願いしております。
どうしてもご都合がつかない場合には、柔軟に対応させていただきますので、個別にご相談ください。
相談の場所はどこになりますか?
原則として登戸の弊所になります。ご相談者様のもとへ訪問させていただくことも可能ですが、移動時間に応じた出張費がかかります。
無料相談を受けたら、必ず依頼しないといけないの?
無料相談はご依頼を前提とするものではございませんので、ご安心ください。
初回相談でご提案するサポートと料⾦をご検討の上、ご納得いただきましたらご依頼いただけますと幸いです。
初回相談の予約電話は誰につながりますか?

代表電話番号(044-712-0945)におかけいただくと、弊所が契約している秘書サービスにつながります。初回相談を希望の旨及びご連絡先をお伝えください。確認でき次第、代表者の携帯より折返しさせていただきます。

「障害福祉事業サポート 川崎・横浜」の特徴

国家資格者である行政書士・税理士が運営しています!

障害福祉事業を支援する民間のコンサルやフランチャイザーはたくさんいます。でも、その信頼性をどう判断していいか、迷ったことはありませんか。ホームページでの宣伝文句を鵜呑みにしてよいものかどうかも分かりません。その点、行政書士や税理士といった士業であれば、国によって一定の信頼性と専門性が担保されていますので、安心して依頼することができます

行政書士事務所と税理士事務所を併設しています!

許認可の専門家である行政書士と会計・税務の専門家である税理士の2つの国家資格のもと、サービスを運営しています。そのため、指定申請から運営後の税金のご相談まで、幅広い業務でサポートすることができます。相談する機会の多い専門家の窓口を一つにまとめることができ、多忙な事業者様にとって利便性の高いサービスとなっています。

地味ですが・・・コンプライアンスに特化しています!

障害福祉事業を行う事業者様が法令遵守や適切な会計報告・税務申告をできるようにするためのサポートに専念しています。売上増や集客まで指南できる経営コンサルタントに比べると、地味な存在かもしれません。ですが、障害福祉事業を存続する上でコンプライアンスは、決して疎かにできない最重要課題の一つです。法務と会計・税務のコンプライアンスに特化しているからこその専門知識で事業者様をサポートします。
ご希望に応じて、自治体の起業・創業支援施策や公的な経営相談窓口をご紹介しております。こうした公的なサービスと
弊所の専門家サービスを併せて利用することにより、高額なコンサルやフランチャイズに頼らずとも、ご自分の力で障害福祉サービス事業を開業・運営することができます。

「事業」だけでなく「人」のサポートも!

本サポートの運営元である行政書士・税理士事務所では、「親亡き後相談室 かわさき」として障害者やその家族へのサポートにも力を入れています。この意味では、障害福祉サービス事業者様と弊所は同じような立ち位置にいるともいえ、そこから生まれる共通の問題意識や共感力も強みとなっています。もちろん、相続や後見のような親亡き後問題についてもシームレスにご相談いただけますので、利用者様やそのご家族にとっても安心材料の一つとなるでしょう。

障害福祉サービス事業の開業でお困りの方、一度相談してみませんか?
初回相談は無料です。
まずは電話又はメールでご連絡ください。
044-712-0945
受付時間:平日9時~18時
>障害福祉事業サポート 川崎・横浜 (得田行政書士税理士事務所)

障害福祉事業サポート 川崎・横浜 (得田行政書士税理士事務所)

[お電話でのご連絡] 044-712-0945(受付時間:平日9時~18時)

[メールでのご連絡] お問い合わせフォーム(24時間OK)